バルセロナ ホテル

 

 

私は写真と旅行が好きです。

 

先日東京旅行に行って来ました。

 

 

 

写真

 

写真

 

写真

 

写真

 

 

 

日本の風景も好きですけど、最近海外にも興味を持つようになりました。

 

特にヨーロッパは芸術性が高そうな町が多くて、街を歩いているだけで色んな事を感じらそうでいいなーと思います。

 

 

海外旅行してる人のブログとかインスタグラムをみてたら、スペインのバルセロナがいいなっておもいました!!

 

 

 

一度だけヨーロッパに行ったことがあります。

 

私は高校卒業してから美容専門学校に入学しました。2年生の時に、希望者は海外研修旅行でとロンドンとパリに10日間行けるという事で迷わずもうしこみました。

 

ただ、40万くらいは自腹で払わないといけなかったので、親の助けも借りました。

 

 

初めての海外旅行でしたけど、自分のなかで海外のハードルが低くて、言葉が通じないとかなにも心配せず行きました。

 

 

12時間くらい飛行機に乗ったんですけど意外とあっという間で揺れもすくなく、平気でした。

 

 

研修は、ロンドンでヴィダルサスーン、パリではロレアルに行きました。

 

でも海外研修って言いながら勉強したのはロンドンとパリ1日ずつで、あとは自由行動でした(^◇^)

 

 

なので自由に街を回りましたよ。

 

といってもあの頃はまだ街並みとか、写真とかいうのに全然興味がなくて・・・。携帯もガラケーだったので持って行ったのはデジカメ。

 

だけどそのデジカメもどこへやら・・・。なので旅行のことをあまり思い出せないです。

 

 

ロンドンで覚えているのは赤いバスに乗ったことと、

 

黒人が多く住む町でウィッグ(カツラ)を買ったことです。(黒人のかたはウィッグをかぶる文化があるので色んなカツラがありました。)

 

 

パリはルーブル美術館とエッフェル塔に行ったのを覚えてます。ノートルダム寺院にもいきました。

 

 

そうそうルーブルでモナリザを見たのだけは鮮明に覚えていますね。想像より小さかったですけど、絵のタッチが力強かったです。

 

 

いま思えばすごくもったいないことしたな〜って思うんですよね!!!
だってほとんど何も思い出せないんですもん・・・。

 

 

 

なのでもしバルセロナに行くことになったら、ちゃんと観光の計画して、カメラも持って行って写真撮りまくりたいです。

 

 

 

バルセロナって結構歴史がある町なんですね。

 

バルセロナの歴史
BC200年ごろ〜
ガウディやモンタネールら素晴らしい建築家が登場したのは1800年代〜。
1992年のオリンピック開催後、世界中から観光客が訪れるようになっている。

 

私はバルセロナといえばガウディというイメージです。

 

 

特に写真を撮りに行ってみたいのは

 

・グエル公園
とにかく建物の壁がカラフルなタイルでできていて、絶対良い写真が取れる場所だと思います。
特にテラスに設置されたベンチにはさまざまな色のタイルが組み合わさってできているようです。

グエル公園

 

グエル公園 

 

グエル公園

 

 

 

 

 

・サグラダファミリア
ここは絶対に行ってみたいです!!!完成までにあと数百年かかると言われていましたが、最新の建築技術によって2026年にまで縮んだそうです。
2026年はちょうどガウディ没後100年なんだとか。
写真の構図のアイデアが色々と浮かびます♪

 

サクラダファミリア 

 

 

 

バルセロナ一の繁華街、ランブラス通りもよ行ってみたいです。歩いているだけでバルセロナを感じられそうです。

 

 

 

 

 

 

バルセロナのホテルってどんな感じなんでしょうか。

 

 

スペインのホテル価格は日本よりやや安いくらいの相場みたいです。バルセロナのような大都市では、スタンダードクラスで1泊10,000〜15,000円前後、高級クラスで1泊20,000〜40,000円前後が目安とされているようです。

 

 

 

バルセロナの街並み

宿泊エリアは3つ!

 

グラシア通り(新市街)

グラシア通りはカタルーニャ広場の北にあります。比較的、治安がいいエリアといわれていて、ショッピングや観光に便利みたいです。
高級エリアで五つ星や四つ星ホテルが多いのが特徴で、安いホテルは少ないですが、安全を第一に考えられる方におすすめっていわれてます。

 

 

 

カタルーニャ広場+ランブラス通り

もっとも宿泊施設が集中する場所がこのエリアで、宿泊料金はやや高め。交通の便が良く、バルセロナ一の繁華街があるのでとにかく便利の良い方エリアがいいという方におすすめみたいです。

 

 

ゴシック地区(旧市街)

歴史のある地域で、古くからの建物や細い路地がありモダンな雰囲気が味わえる地区。安いホテルが多いですが、スリやひったくりなどに注意のようです。安全面を考えると新市街を選んだ方がいいかもしれませんね。

 

 

 

 

マジェスティックホテル&スパバルセロナ

 ★★★★★五つ星 【価格 一泊¥25,000以上】 グラシア通り周辺

 

90年の歴史がある高級ホテルで内装は上品でゆったりと落ち着いている。町の中心に近く、ショッピングや観光の際に便利。
マジェスティックホテル&スパホテルバルセロナ の空室(agoda)

 

 

ジャズ ホテル

 ★★★三ツ星【一泊¥10,000以上】 カタルーニャ広場周辺

 

バルセロナの中心部カタルーニャ広場から徒歩2分に位置している。朝食はビュッフェスタイルで、とても人気。観光の拠点にぴったりのホテル。
ジャズ ホテル の空室(agoda)

 

 

ホテル 1898

 ★★★★四つ星【一泊¥20,000以上】 ランブラス通り周辺

 

ランブラス通りに面していてモダンな外観が特徴のホテル。多少賑やかなことが気になるかもしれないがローケーションが良くショッピングや観光に最適。五つ星ホテルにも引けをとらないサービスと定評。
ホテル 1898 の空室(agoda)

 

 

カサ・キャンパー バルセロナ

 ★★★★四つ星【一泊¥25,000以上】 ランブラス通り周辺

 

バルセロナ現代美術館とランブラス通りの間に位置。スペインの靴ブランドが展開するブティックホテルで、ポップなデザインが印象的。
スウィートルーム以外はバスタブがなくシャワーのみとなっています。オリジナルのデザインホテルで他とは違う仕様が人気のホテルです。
カサ・キャンパー バルセロナ 今日の空室(agoda)

 

 

 

ソーホー ホテル

 ★★★三ツ星【一泊¥10,000以上】 新市街

 

黄色にライトアップされたロゴ看板が目を引く外観。清潔でモダン・スタイリッシュなお部屋で人気がある。
ソーホー ホテル の空室(agoda)

 

 

 

ユーロパーク ホテル

 ★★★三ツ星【一泊¥10,000】 新市街

 

ストライプを基調としたインテリアが特徴のお部屋。繁華街からは少し離れていますが比較的リーズナブルで観光に便利な立地。
ユーロパーク ホテル の空室(agoda)

 

 

 

ホテルは予約サイト「agoda(アゴダ)」か「Hotels.com(ホテルズドットコム)」が人気ですが
航空券も一緒に予約するとなると「じゃらん」がよさそうです。

 

 

 

 

 

ちなみに「女一人旅」を応援してくださる方がいて、今度その方のコンサルを受けようと思うんです。
その方のブログを見ていると、航空券の取り方を一から教えてくれるわけではなくて、そこは自分で挑戦してみることが大切らしいです♪

 

なので、実際に行くと決めたらじゃらんを利用してみたいと思います。
国内のはよく使うんですけどね(^◇^)

 

 

 

 

 

 

 

せっかくなのでおいしいグルメも食べたいです。
バルセロナがあるカタルーニャの地中海沿岸側は魚介料理がメインみたいです。とくにパエリアが有名です。
パエリアはスペインの伝統家庭料理で、シーフードのパエリア・マリネラや魚介と肉入りのパエリア・ミクスたなど種類も色々とあるそうです♪

 

あとフィデウアという、お米の代わりにパスタを使ったパエリアというのもおいしそうですよ!パスタ麺は太さや穴の有無など様々で店によって
具なし・魚介入り・イカ墨入りや、しっとりめ・パリパリなど食感までいろいろらしいです。

 

 

 

スペイングルメを気軽に楽しむならバルがおすすめみたいです。

 

手軽なバル料理でわたしが良いなと思ったのは、
ハモンとトルティーリャです。
ハモンはスペインで作られる生ハムで、黒豚の「イベリコ」で出来たものは高級なんだとか。
トルティーリャはスペイン風のオムレツで中身はジャガイモと玉ねぎ、生ハムが入っていてとってもおいしそうです。
ソースがかかるお店もあるみたいです。

 

スペイン料理  スペイン料理

 

 

 

 

バルセロナの交通手段は何があるのでしょうか?

 

とっておきバルセロナによると、
→(http://www.totteokiinfo.com/comunes/BotonesIzquierda/travel.info/punto4.html)

 

”バルセロナ市内の公共の交通としては主にメトロ(地下鉄)とバスがあります。 バスは、メトロが停まらない場所まで行き渡っているので便利ですが、路線が複雑で、アナウンスがスペイン語のみなのでかなり上級者向けです。あと、やたらいろんな場所に停まるので時間がかかります。)

 

バルセロナ自体そんなに大きな街ではないので、基本的にメトロと徒歩でだいたいの場所はたどり着けます。ちなみにメトロ・バスともにチケットは共通で使えます。”

 

 

確かに、スペイン語ってなじみがなさ過ぎて、なにも理解できなそうですよね・・・。

 

でも、パリに旅行した時も言葉は通じませんでしたが、ガイドブックにのっている例文を見せたりしてなんとかいけました。
あと、お店の人が英単語で言ってくれることもあったので助かりました。

 

 

 

 

旅行って計画するのも楽しみの一つだったりしますよね。

 

 

自分だけのプランを立ててみたいと思います。